∞折り紙の宝石箱∞+広汎性発達障害の子+

アクセスカウンタ

zoom RSS 初挑戦のオイルサーディン作り

<<   作成日時 : 2016/02/07 20:47   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

長野のお友達直伝のレシピをもとに、ちょっと自己流になってしまった
けれど初挑戦した自家製オイルサーディン↓
画像

たまたま手に入ったディルとチャービルを大量に入れすぎて緑色(~_~;)

教えていただいたレシピ。

イワシ5匹
塩大さじ1

イワシは頭と尾を切り落とし、内臓を取り除く。きれいに洗って水気を拭く。
塩をふる。腹の中多めに。1時間置く。
玉ねぎ、人参、セロリ、ローリエ、イタリアンパセリなどを薄切り。
耐熱容器にイワシを並べ、野菜を乗せて、レモン1個絞りかけ、水気半カップ加える。
中火の蒸し器で1時間蒸す。冷ましてオリーブ油をかぶるくらい加える。

↑↑↑
このレシピを参考にして、セロリの葉っぱの部分とローリエをイワシ1匹に1枚ずつ
乗せた以外は自己流に変えて、蒸して冷ました後のイワシに生チャービルと
生ディルを適当にばさばさと乗せてからじゃばじゃばとオリーブオイル+グレープ
シードオイル、さらに塩レモンをかけて一晩放置。

塩気はしっかりと十分で、油のしつこさもなく、さっぱりととっても美味しいオイル
サーディンが完成♪

ただ、ディルはちょっと多すぎた気がします。

チャービルの清涼感がある日本のセリに似た香りと違って、もっと特徴的な強い
香りが残るディルを同量使ったのが私の好み的には多すぎました。
好きなローリエはイワシ一尾に1枚入れましたが、これも苦手な人には多すぎるかも。

かなりハーブは控えめにしても、臭みのない美味しいものができるはずですから
最初はごく少量から試すといいかもしれません。

保存もしばらくきくようですし、身と旨みが両方ギュッとつまったイワシ。最高です。

缶詰の小さいのしか食べたことがなかったけれど、日ごろ安く買えるイワシで
もっと美味しいものが作れるなんて、本当に素敵です。

ちなみに今回のは普通の15cmくらいのイワシなので、1時間蒸しても骨はさすがに
硬いです。小骨くらいは食べることができますが、背骨はちょっと。
圧力鍋だと皮も破けて身も崩れることが多いので、悩ましいですが、今回は「蒸す」
だけにしました。

余ったディルは、刻んでバターに混ぜ込んで、ディルバターにしてラップで巻いて
冷凍保存。

チャービルの残りは、鶏のむね肉と巻いて鶏ハムにする予定です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
BlogPeople
初挑戦のオイルサーディン作り ∞折り紙の宝石箱∞+広汎性発達障害の子+/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる